資格ナビ

介護と福祉の資格

地域社会に直接貢献する介護と福祉のプロは、最も人気と需要のある職種のひとつです。高齢化社会を迎え、ニーズは高まるばかりですが、必要とされる技量や適性、キャリアも、一段とプロフェッショナルであることを求められています。

介護・福祉の資格ページへ

はじめに

『資格』というと、その分野のスペシャリストというイメージがありますよね。資格がなければその職業に就くこともできない場合もあります。『就職や転職に有利』『自己啓発』『他の人と差をつけたい』など資格取得のきっかけは、人によって違います。どんな分野の資格が必要なのか、将来性はあるのか、あなたにとって役に立つ資格なのかを知っておく必要があります。また、資格の中にはすぐに仕事に活かせるものもありますし、逆に仕事はおろか自己啓発にもあまり役に立たない資格もあります。ただ、なんとなく資格を取得するのではなく、目的を持って資格を取得することが大切です。

資格の種類

単純に『資格』といっても、その資格を認定する団体や機関によって、3種類に分類されています。資格の種類によって、効力や難易度も異なってきます。

国家資格

法律に基づいて、国や国から委託された機関や行政が管理する資格のことです。一定水準以上の専門知識や技術があることを国が認定することによって取得できる資格であるために、その資格を取得していないと就けない職業(弁護士・医師など)もあります。国家資格は他の資格に比べても難易度が高く、職業的な地位や社会的信用度もあるのが特徴です。公務員系の資格も国家資格に含まれています。

公的資格

国家資格に準ずる資格で、各省庁や大臣が認定した基準に基づいて、商工会議所や財団法人、民間団体などが実施する試験に合格すると取得できます。英検や簿記検定などがあります。特定の職業に必要というわけではありますが、自分の能力を示すことができることもあり、就職や転職には有利な資格といえるでしょう。

民間資格

民間団体や企業が独自に実施して認定している資格のことです。法的な規制も効力も国家資格や公的資格に比べてあまりないように思いますが、職種によっては一定の能力や知識を示す資格もあります。ですが、『資格商法』と呼ばれるような、職種に役に立たないような資格も存在するので、見極めが大切です。

多くの人が取得したいと思っている資格は、独立できる資格、将来的に需要が高くなると考えられているものが人気です。各種公務員の資格も安定した職業であるということもあり、資格取得したいと考えている人は多いんですよ。また、職種によっては知識がある照明として、できるだけ取得するように推奨している資格もあります。就職や転職に必要な資格、自己啓発のための資格など、あなたが取得したい資格を探してくださいね。

ページトップへ


[おすすめサイト]